【独自調査データ】「終活」に関する意識と実態【抜粋版】

81.1%が「終活は必要」と認識、でも実施率は38.9%

ハルメク「生きかた上手研究所」では、2018年11月に独自リサーチ「終活に関する意識と実態調査」を実施しました。この調査でわかったシニアの終活への意識や実態、「ライフエンド商材」の訴求のポイントについて紹介します。
この資料では、以下のリサーチデータを公開しています。

-------------------------------------------------

720名のシニア女性に調査してわかった、

■終活全般の実施状況
■すでに行っている終活
 ・実施している内容
 ・男女別の実施内容

-------------------------------------------------


~調査概要~
「終活」に関する意識と実態調査
■タイトル「終活」に関する意識と実態調査
■調査手法Webアンケート
■調査期間2018年11月6日~11月8日の3日間
<参考>
調査対象は、全国に居住する60歳から74歳までの男女計720名である。720名を、性別、年代(60-64歳、65-69歳、70-74歳)、婚姻状況(配偶者あり、配偶者なし)で均等に割り付けた。
調査主体 株式会社ハルメクホールディングス 生きかた上手研究所

資料の目次

  • 1.調査の概要
    (1)調査目的
    (2)調査内容
    (3)調査対象
    (4)調査期間
    (5)調査方法

    2.結果の概要
    (1)終活全般の実施状況
    (2)横断的な分析:すでに行っている終活

    レポートのご購入について

ダウンロードリストに追加

ダウンロードリストに追加