ハルメク シニアマーケLAB

シニア広告・マーケティング情報サイト

【独自調査データ】シニア女性の生活と気持ちはコロナショック後にどう変化するか?


ダウンロードリストに追加

8割のシニア女性が新型コロナウイルスに不安を感じています

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がり、高齢者の重症化リスク、衛生用品の供給不足に便乗した消費者トラブル、景気後退、緊急事態宣言延長など、様々なコロナ関連のニュースが日々メディアを賑わしています。
2020年3月、ハルメク生きかた上手研究所では、新型コロナウイルスが、シニア女性に与えた意
識や行動の変化や影響を及ぼしたモノ・コトを探る調査を実施しました。

この資料では、以下のリサーチデータを公開しています。

-------------------------------------------------

520名のシニア女性に調査してわかった、

■新型コロナウイルスへの不安
 ・不安を抱えているか?
 ・現在の幸福度
 ・自分の体・健康についてのストレスや困りごと

■コロナが与えた「消費」への影響
 ・モノ消費/コト消費の変化
 ・モノ消費で高まった品目は?

-------------------------------------------------



~ 調査概要 ~
新型コロナウイルスに関する意識調査
■タイトル コロナショック後に変わった「あなたの生活や気持ち」に関するアンケート
■調査手法 Webアンケート
■調査期間 2020年3月17日(火)~3月20日(金・祝日)
*オリンピック開催延期の発表前、非常事態宣言発令前
<参考>
■2020年3月24日(火) 2020年東京オリンピック開催延期を発表
■2020年4月7日(火) 法律に基づく「非常事態宣言」の発令
調査対象 「ハルメク」のモニター組織「ハルトモ」520名 50歳~85歳
調査主体 株式会社ハルメクホールディングス 生きかた上手研究所

資料の目次

  • 1.調査の背景と調査概要
    (1)調査の背景
    (2)調査概要

    2.サマリー篇
    (1)8割のシニア女性が新型コロナウイルスに不安を感じている
    (2)モノよりコト消費への影響が大きい

    3.詳細篇
    (1)新型コロナウイルスへの不安
    (2)コロナが与えた「消費」への影響

    レポートのご購入について

ダウンロードリストに追加

ダウンロードリストに追加