2022年4月版【シニアアンケート・調査結果まとめ】 シニアの意識動向・生活動向

life_trends

「ハルメク」を発行する株式会社ハルメクの「生きかた上手研究所」では、シニアの意識動向・生活動向についての調査を実施しています。本記事では、2022年4月版として最新の調査結果をまとめて紹介します。

【最新調査はこちら!】

・お酒に関する意識と実態調査(2022年4月)

・中高年世代の健康・更年期に関する意識と実態調査(2022年4月)

・SDGsに関する意識と実態調査(2022年3月)

(1)シニアの生活意識と実態調査

「働くこと」に関する意識、子育て世代とシニア世代のギャップが浮き彫りに

▼調査のサマリーはこちら▼
女性の「働く理由」や「働き方に対する満足度」、子育て世代とシニア世代でこんなに違う!~「働くこと」に関する意識調査~(2022年4月)

ハルメク 生きかた上手研究所と株式会社キャリア・マムは、「働くこと」の実態や、「働くこと」に対する意識が年代によって異なるのではないかという問題意識のもと、30~70代女性を対象に、「『働くこと』に関する意識実態調査」(定量調査)と座談会を共同で実施しました。
定量調査は30~79歳までの女性470名を対象に2021年9月に、座談会は30~54歳女性8名、55~79歳女性8名を対象に2021年11月に実施しました。

定量調査で「現在、働いている理由」について尋ねたところ、「社会とつながりをもちたいから」がという理由が56.8%で最も多く、働く女性は世代を問わず仕事を通じて「社会とのつながり」を求めていることがわかりました。
しかし、「働く理由:」を年代別に見ると、30~40代は「生活のため」「貯蓄のため」「育児・家事・介護から離れたい」のに対し、60代以上は「健康のために頭を使いたい」「健康のために外出したい」が多いという年代差が見られました。

また、「働き方に対する満足度」でも年代による違いがありました。現在の働き方について「満足している」割合は50代以下では6割未満となっており、全体平均の63.4%を下回っていました。一方、60代では78.0%、70代(参考値)では83.3%と、若い世代に比べ、シニア女性は働き方への満足度が高いことがわかりました。

そこで座談会では、30~40代の子育て世代と55歳以上のシニア世代に、「働くこと」に関する意識を聞きました。その結果、子育て世代は「コロナ禍で将来が見通せない」「老後への不安」などから「働くこと」に不安を感じている様子がうかがえました。一方、シニア世代は「『働く』こと」を「自己実現・自己肯定感を得る手段」「生きがい・やりがい」ととらえる方が多く前向きにとらえている傾向が見られました。

▼ミニレポートのダウンロードはこちら▼
働くことに関する意識実態調査―無料版ミニレポート―

バレンタインを毎年実施しているシニアは約5割!肯定派も6割超えに

▼調査のサマリーはこちら▼
シニア世代の「バレンタインに対する意識と実態調査」(2022年2月)

シニア女性はバレンタインをどう捉え、どのように過ごしているのかを明らかにするために、2022年1月、50~84歳の女性470名を対象に「バレンタインに対する意識と実態調査」を実施しました。

調査の結果、バレンタインを「毎年実施している」人は48.5%で、「たまにしている」人も含めると65%以上がバレンタインを実施していました。
実施していること1位は「人にチョコレートをプレゼントする」で89.5%、次いで「自分にチョコレートを買って食べる(33.3%)」、「家族がもらってきたチョコレートを一緒に食べる(30.4%)」でした。

次に、「バレンタインデーはあなたにとってどんな日ですか?」と尋ねたところ、「高級なチョコレートを楽しむ日(23.0%)」、「家族と楽しむ日(18.9%)」、「人に感謝を伝える日(18.3%)」といった順で多くなっていました。他にも「自分が楽しむ日」、「夫と楽しむ日」など、“楽しむ”というワードが上位に並びました。

2022年のバレンタインを行う予定がある人は60.2%でした。贈りたいチョコレートは、「日本ブランドのチョコレート(58.3%)」が、「海外ブランドのチョコレート(41.7%)」よりも人気でした。なお、「フェアトレードや環境に配慮して生産されたものなどサステナブルなチョコレート」は13.4%でした。

バレンタインについての自由回答では、「女性から男性へという枠を超えつつあることは歓迎です」や「バレンタインデーも多様性の時代だと思う」など、バレンタインの多様化に対する意見がみられました。


<関連リンク>
【近未来☆最前線レポート】50代以上女性はバレンタインで盛り上がる?(2022年1月)

【ハルメク独自リサーチ】コロナ禍でのシニア女性の生活と意識実態調査2021(2021年11月)

コロナ禍における生活と意識に関する実態調査(2021年7月)

新型コロナウイルス ワクチン接種に関する意識調査(2021年6月)

【近未来☆最前線レポート】50代以上の女性471人にアンケート、その結果は:ワクチン接種後は?シニア女性は友人との会話を熱望(2021年6月)

【ハルメク独自リサーチで判明】新型コロナによってシニアの意識・消費動向はどう変わった?(2020年7月)

シニア女性に聞いた「新型コロナウイルスに関する意識調査」(2020年4月)

【近未来☆最前線レポート】新型コロナウイルスで高まる免疫力への意識:50代からの女性の生活は新型コロナで何が変わった?(2020年4月)

【その他の調査】
【近未来☆最前線レポート】50~79歳女性427名に調査した結果は:シニア世代の応援マインドが再燃した東京五輪2020(2021年9月)

シニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識調査(2019年8月)

夜のお出かけをしているシニア女性は約7割! 夜遊びエンジョイ派がいる一方、「夕食準備問題」の根深さも… シニア女性の「夜の外出」に関する意識調査(2018年3月)

(2)家族に関する調査

シニアの本音は「まだまだ現役」敬老の日はお祝いされたくない

▼調査のサマリーはこちら▼
敬老の日に関する意識調査(2021年9月)

2021年7~8月、シニア女性が「敬老の日」をどのようにとらえ、過ごしているのかを把握すべく、50~84歳女性300名を対象に「孫と敬老の日に関する意識調査」を実施しました。

調査の結果、敬老の日を楽しみにしているシニア女性はわずか9.0%で、今年の敬老の日を知らない人も48.0%いることがわかりました。また、敬老の日に「お祝いされたいと思う」人は、全体の18.3%でした。

敬老の日をお祝いされたくない人にその理由を聞いたところ、最も多いのは「祝われる年齢ではないと思うから」(36.3%)、次いで「老人扱いされているように感じるから」(27.8%)でした。さらに、敬老の日にお祝いされると思う対象の年齢は、平均70.7歳という結果から、シニア女性が「自分はまだまだ現役だ」という意識を持っていることがうかがえました。

なお、敬老の日にお祝いされたい人に対して、誰からお祝いされたいか尋ねたところ、「孫」が76.4%で最多でした。


シニア世代の夫婦関係はコロナの影響でどう変わった?

▼調査のサマリーはこちら▼
【ハルメク独自リサーチ】シニア世代の夫婦関係はコロナの影響でどう変わった?(2020年10月)

2020年5月、コロナ禍における夫婦関係や生活の経年変化などの影響を把握すべく、60~79歳既婚男女600名(男女各300名)を対象に「夫婦関係と生活に関する意識調査」を実施しました。

調査の結果、配偶者に対して「満足している」と回答した人は70.8%で、夫婦関係に満足しているシニア夫婦が多い結果となりました。

満足度によって、シニア夫婦を「仲良し夫婦」「不仲夫婦」に分け、「コロナ禍によって夫婦仲が変わったか」を尋ねたところ、夫婦関係が「悪くなった」と回答した人は、仲良し夫婦で0.9%だった一方で、不仲夫婦は18.8%と、夫婦仲が悪いほど不仲になっていることがわかりました。

▼抜粋版報告書のダウンロードはこちら▼
2020年 シニア世代の夫婦関係と生活~仲良し・不仲の分かれ道 with コロナ~


<関連リンク>
夫婦が不仲になる決定的な原因とは?コロナ禍での夫婦「円満」「不仲」の分かれ道(2020年8月)

【その他の調査】
50代~70代のハーレクイン世代女性に聞いた「夫婦関係」に関する意識と実態調査(2019年7月)

シニア女性に聞いた「介護」に関する意識と実態調査(2018年11月)

シニア女性に聞いた「祖母と孫の関係」に関する実態調査 (2018年10月)

(3)家計に関する調査

大半の人は介護や病気に不安を感じている。年金生活の実態調査

▼調査のサマリーはこちら▼
【ハルメク独自リサーチ】シニア女性の世帯当たり平均月収は32.5万円/月、平均支出は27.8万円/月。年金生活とお金の使い方に関する意識調査(2020年12月)

2020年6月、シニアの年金生活の実態と老後のお金に対する不安を把握すべく、55~79歳女性839名を対象に「年金生活とお金の使い方に関する意識と実態調査」を実施しました。

シニア女性のうち、公的年金を受給している人の割合は80.8%でした。シニア女性の家計状況について尋ねると、世帯の月あたりの平均収入は32.5万円なのに対して、月あたりの平均支出総額は平均27.8万円となり、収入額に対して支出額が多いことがわかりました。

また、老後のお金について尋ねたところ、「老後のお金が心配」と答えた方は15.7%でした。特に心配されている具体的な内容としては介護費や医療費が挙げられ、大半の方は介護や病気などに不安を感じていることがわかりました。

▼抜粋版報告書のダウンロードはこちら▼
【2020 年自主調査】年金生活とお金の使い方に関する意識と実態調査


シニア世代の給付金の使い道は?年代別の違いが明らかに

▼調査のサマリーはこちら▼
【近未来☆最前線レポート】「援助・寄付」多し!シニア女性の給付金の使い道とは(2020年7月)

2020年5月から6月にかけて、特別定額給付金の使い道と世代の差を把握すべく、55~74歳女性291名を対象に「新型コロナ対策の特別定額給付金の使い道に関する調査」を実施しました。

調査の結果、「政府の給付金を受け取る予定ですか?」という質問に、98.3%の人が「受け取る」と回答しました。続いて受け取ると答えた人に「10万円を何に使いたいですか?」と質問すると「旅行に使う」が19.9%、「貯金する」が19.6%、「子供や孫への援助に使う」が16.8%でした。

年代によって給付金の使い道が違うこともわかりました。55~64歳までの年金受給前シニアでは、「旅行」「貯金」に使うと答えた人がほとんどでした。一方、年金受給中シニアでは、これらの他にも「子供や孫への援助」「支援・寄付」をするといった回答が見られました。

【その他の調査】
シニア女性274名に聞いた「年金生活」に関する意識と実態調査(2019年2月)

60 代・70 代のシニア男女に聞いた「夫婦関係とへそくり」に関する調査(2018年6月)

(4)デジタルに関する調査

今やハルメク読者の約9割がスマホを所有!シニアのデジタルデバイス活用実態

▼調査のサマリーはこちら▼
【ハルメク独自リサーチ】2011年から毎年実施!シニアのデジタルデバイス活用についての調査2021 (2022年1月)

ハルメク 生きかた上手研究所では、シニア女性がスマホ等のデジタルデバイス利用実態を把握するため、「シニア女性のスマホ等のデジタルデバイスに関する実態調査」を2011年より毎年、郵送アンケートにて実施しています。
以降では、2021年6~8月に、全国の55~74歳527名を対象に実施した2021年調査の結果ならびにこれまでの調査結果、シニアのデジタルデバイス活用に関するオープンデータの分析結果を一部紹介します。

総務省の「通信利用動向調査」によれば、60-69歳の一般シニア女性のスマートフォン利用率は、2015年(平成27年)は21.2%、2020年(令和2年)は59.3%で、5年で38.1ポイント上昇しました。
同じ年代のハルメク読者のスマートフォン利用率と比較すると、2015年は22.9%で、一般シニア女性とほぼ同水準だったのが、2020年では85.3%と、一般シニア女性のそれを大きく上回っています。

では、シニア女性はスマートフォンでどんなことをしているのでしょうか?
「シニア女性のスマホ等のデジタルデバイスに関する実態調査」2021年調査で22の機能・アプリから利用時間の長い上位3つを回答してもらいました。その結果、利用率が 8割を超えた機能やアプリは「写真撮影」92.8%、「電話」89.9%、「LINE メッセージのやり 取り」88.5%、「メール」85.8%、「調べ物(Web 検索)」81.1%でした。

▼抜粋版報告書のダウンロードはこちら▼
シニアのデジタルデバイス活用についての調査

意外に進んでいるシニアのスマホ事情!どのくらい使いこなせる?

▼調査のサマリーはこちら▼
【ハルメク独自リサーチ】スマホで最も利用している機能は「写真撮影」。シニア女性のスマホ活用最新事情(2021年2月)

2020年7月~9月にかけて、シニア女性がスマホ等のデジタルデバイスをどのように利用しているのか把握すべく、55~74歳女性531名を対象に「シニア女性のスマホ等のデジタルデバイスに関する実態調査」を実施しました。

調査の結果、シニア女性のスマホ利用率は2011年時点では0%でしたが、2020年時点では85.3%と、9年の間で急速に普及していることがわかりました。
シニア女性がスマホでよく利用している機能は、「写真撮影」や「電話」、「LINEメッセージ」でした。また、直近4年間の傾向では、動画撮影や動画視聴などを利用する人の割合が増加しているという特徴がみられました。

▼ミニレポートのダウンロードはこちら▼
シニア女性の「スマホ等のデジタルデバイス」に関する実態調査


【その他の調査】
【近未来☆最前線レポート】PC・スマホを持つ55~74歳女性270名に調査:便利!QRコードを使いこなすシニア女性が増えている(2021年8月)

増税直前にシニア女性に聞いた「スマホ 決済」 と「買い物」 に関する 意識調査(2019年9月)

シニア女性に聞いた「キャッシュレス決済」に関する実態調査(2019年8月)

シニア女性に聞いた「スマホ」に関する実態調査(2018年10月)

(5)終活に関する調査

終活の必要性は理解していても、実際行っているシニアは約38%

▼調査のサマリーはこちら▼
【ハルメク独自リサーチ】シニア男女720名に聞いた「終活」に関する意識と実態(2020年8月)

2018年11月、60~74歳の男女計720名を対象に、「終活に関する意識と実態調査」を実施しました。

調査の結果によると、81.1%が「終活は必要」と回答しました。しかし、実際に終活を行っていると回答したのは38.9%に留まっていました。
既に終活を行っている人について、終活別に実施率を見てみると、もっとも高かったのは「お墓の準備・用意」でした。
なお、終活別の実施率には男女差が見られました。男性では「お墓の準備・用意」「お墓の整理・墓じまい」等、お墓関連が高く、女性では「アルバムや手紙等思い出の整理・処分」「衣服やアクセサリーなど身につけるものの整理・処分」等の片付け関連が高くなっていました。

▼抜粋版報告書のダウンロードはこちら▼
【2020年 独自調査データ】「終活」に関する意識と実態


2021年の終活は、デジタル終活の必要性を感じる

▼調査のサマリーはこちら▼
【ハルメク独自リサーチ】 2021 年「終活」に関する意識と実態~ withコロナ時代の終活とは~(2021年6月)

2021年3月、コロナ禍によって終活がどのように変化したか把握するため、50~79歳男女2016名を対象に「終活に関する意識と実態調査」を実施しました。

2021年の調査結果では「終活を必要だと思う」人は79.0%、「終活をすでに始めている」と回答した人は38.3%で、2018年調査と同様の傾向でした。したがって、終活の意識と行動のギャップは埋まっていないことがわかりました。

一方、以下の2点では2018年調査との違いが見られました。

1つ目は「しておきたかったことにしておく」を終活とみなす人の割合です。
2018年調査では、「しておきたかったことをしておく」ことを終活とみなす人の割合は0.6%でしたが、2020年調査では17.4%上昇し、18%にあたる人が上記を終活として認識するようになっていました。

2つ目は、「生活面での利用サービスの情報整理(電気・ガス、生協、ジムなど)」「インターネットやSNSなどデジタル関連の登録・加入サービスの情報整理」等、「情報まわりの終活」が「必要だと思う」という割合が増加したことです。この背景には、シニアのデジタル化が進んでいることがあると考えられます。

▼抜粋版報告書のダウンロードはこちら▼
終活に関する意識と実態調査2021報告書


<関連リンク>
【近未来☆最前線レポート】シニア約1000人アンケートから見えた変化:墓・葬式よりデジタル遺品の整理!終活が変わってきた(2021年6月)

60~74歳男女に聞いた「終活に関する意識調査」(2021年4月)

(6)防災・環境に関する調査

シニアの防災意識は若年層より高め

▼調査のサマリーはこちら▼
「20代~70代女性に聞いた「コロナ禍における防災に関する意識調査」(2021年3月)

2021年2月、20~79歳女性900名を対象に「防災に関する意識調査」を実施しました。

調査の結果、防災意識が「高い方だと思う」と回答した人の割合は、20~70代平均で20.2%でした。
年代別で見ると、20代では12.7%、30代では15.3%の人が防災意識を高い方だと思うと回答していました。一方で60代では25.4%、70代では38.0%となっており、若年層と比較してシニア層の防災意識が高い傾向にあることがわかりました。

災害時「自宅にとどまりたい」割合は20~70代平均で53.3%でした。
年代別で見ると、60代で60.0%、70代で66.0%と、60代以上で「自宅にとどまりたい」割合が他年代より高くなっていました。


避難勧告が出されたら、シニアはどうする?

▼調査のサマリーはこちら▼
「3.11直前にシニア女性に聞いた「防災意識調査」(2020年3月)

2020年2月、40~79歳女性を対象に「防災意識と実態」に関する調査を実施しました。

調査の結果、防災意識が「高い方だと思う」と答えた人は18.7%でした。また、実際に避難勧告が出された際に「実際に避難した」人は14.9%にとどまり、避難しなかった理由として最も多く挙げられたのは「避難する方が危険だと思った(47.5%)」でした。

(7)産学連携調査

「遺された時間」の長さでシニア女性の購買行動が変わる?

▼調査のサマリーはこちら▼
シニア市場の多様性分析 –未来展望と将来自己連続性の観点から–(2020年3月)

高知大学の磯田講師、早稲田大学の恩藏教授と共同で2つの調査を行い、シニア女性の購買行動を、未来展望(主観的な人生の残り時間)と将来自己連続性(将来の自分との心理的つながり)を用いて分析しました。

調査1では、ハルメクのモニターである65歳以上女性183名を対象に調査を実施しました。その結果、長期的な未来展望を持つシニア女性は耐久財の購買意図が高い傾向にあることがわかりました。

調査2では、ハルメクの通販顧客のうち、50万円以上の購買実績がある女性245名を対象に調査を実施しました。その結果、長期的な未来展望を持つ女性ほど耐久財を含む日消耗品の購買意欲は低い傾向がみられました。

貴社マーケティングに活用できるリサーチを支援します

これらの調査のように女性誌部数No.1の雑誌を発行する株式会社ハルメク 生きかた上手研究所では貴社マーケティングに活用できる支援を実施しております。

本記事では、調査結果の一部のみしか紹介しきれておりませんが、調査概要・グラフなどをまとめたサマリーデータは以下より、どなた様でも無料でダウンロードしていただけます。興味のある方は、ぜひダウンロードのうえご覧ください。

本記事で紹介した各調査の詳しい報告書がまとめてダウンロードできます!

▼報告書の一括ダウンロードはこちら▼
シニアマーケティング リサーチ報告書一覧

関連記事

2022.05.16

【ハルメク独自リサーチ】2021年最新 シニア夫婦の生活と意識調査:コロナ禍を経た夫婦の価値観ギャップが明らかに!今どきシニアの夫婦像

2022.04.13

女性の「働く理由」や「働き方に対する満足度」、子育て世代とシニア世代でこんなに違う!~「働くこと」に関する意識調査~