ハルメク halmek holdings

シニア広告・マーケティング情報サイト

アクティブシニアの定義とは?マーケティング視点から紐解く特徴

アクティブシニアの定義とは?マーケティング視点から紐解く特徴

アクティブシニア層をターゲットにしたマーケティング施策を打つ場合は、シニア層の特徴や傾向などを把握しなければなりません。とはいえ、「アクティブシニアの特徴(消費傾向や趣味など)が掴みづらい」と思われている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、シニア女性向け雑誌の出版や通販事業を展開してきた弊社独自のマーケティング視点から、アクティブシニアの定義や特徴についてご紹介します。


アクティブシニアの定義とは?

アクティブシニアの明確な定義付けはありませんが「一般社団法人日本アクティブシニア協会」はアクティブシニアを前期高齢者(65~75歳)と定義しており、一般的には次のような特徴を持ったシニア層のことを指します。

・仕事や趣味に対して意欲的
・新しい価値観を取り入れる
・健康意識が高い
・自立意識が高い


一昔前と比べてシニアのライフスタイルは多様化しており、シニア市場のマーケティングに失敗しないためにも、アクティブシニアの傾向や特徴について理解をした上でアプローチしていく必要があります。

アクティブシニアの消費傾向・嗜好

アクティブシニアの属性傾向としては時間・金銭面に余裕があり、それらを自らのために有意義に使う傾向があります。アクティブシニアは、例えば次のようなものに興味を持ちやすい傾向があります。

旅行/買い物/趣味 にお金を掛ける

アクティブシニアの方は新しい価値観を手に入れたい欲求が強くみられます。
そのため「新たな旅先」や「新たな趣味」に時間とお金を消費して楽しむということを求める人が多くなっています。

例えば、近年は夜遊びを楽しんでいるシニア女性も多くなっており、シニア女性を対象に行った夜の外出に関する意識調査では「約7割が直近3か月で夜の外出経験あり(事前に決まっていた予定なら、午後10時までに帰宅をすればOKという人が過半数)」という調査結果が出ています。
この調査結果からわかるように、アクティブシニア女性は外出傾向が強く、積極的な行動が多くみられます。

スマホ決済・QR決済の利用も増加中

弊社のアンケート調査では、55歳~79歳までのシニア女性のスマホ決済と買い物に関して、
「スマホ決済の利用経験率は半年前と比べて約1.5倍増」
「QRコード決済の利用経験率は、約4倍の31.9%に急増」
という結果が出ています。
中でも、増税後の新しい買い物の仕組みに積極的に活用していきたいと答えた人は32.1%を占めており、近年の税制改正やキャッシュレス割引の影響もシニア層のスマホ決済・QR決済の利用者増加の要因と予想できます。
「流行に対応できるようになる」という点を訴求ポイントに置くのも有効的です。

アクティブシニアの意識傾向

ここからは、アクティブシニア女性の意識傾向をみていきましょう。

仕事・趣味にも意欲的

アクティブシニアは「社会貢献をしたい」という意識・意欲が強い傾向にあります。
働くシニア女性を対象に行ったお小遣い稼ぎに対する意識調査では、約半数が「誰かの役に立って、もっと稼ぎたい」という回答結果に至りました。
無理なくお小遣い稼ぎをするのではなく、「やるなら人のためにしっかり稼ぎたい」という意欲が高く、「他者支援型」であるといえます。
これは趣味でも同様のことがいえ、他者との繋がりを大切にする趣味に意欲的になる傾向が強いです。
そのため、「共通の趣味を持っている人と繋がりの機会が得られる」という点を訴求ポイントにするのも有効な打ち出しになります。

自分の価値観/ライフスタイルを大切にしている

アクティブシニアは、これまでの人生で培ってきた自分なりの価値観を非常に大切にします。
たとえ価格が高い商品であっても、その方の価値観で充分に魅力的な価値があると感じてもらえれば選んでもらえるケースが多く、ターゲットがどのような価値観を持っているのかきちんと分析・設計しておくこととが大切です。

健康に対する意識が高い

多様な趣味や意識が高いアクティブシニアは「生涯現役でいたい」という意識も強く、積極的に健康グッズや病気予防の健康法を取り入れる傾向があります。また、スポーツやクラブ活動などのアクティビティにも積極的なため、健康にフォーカスした訴求の反応が良くなります。

子どもに迷惑を掛けたくないと考えている

人生100年時代といわれている昨今では「老後は子どもに迷惑を掛けたくない」「出来る限りのことは自己解決したい」と考えるシニアも多くいらっしゃいます。
商品・サービスを通じて、周囲の家族に頼らず「一人でできるようになる」という点を訴求するのも大変効果的です。

アクティブシニアとの接点創出方法

ここまでアクティブシニアの特徴について紹介してきましたが、具体的なアプローチ方法についてみていきましょう。

後期高齢者にはWebだけでなく、マスメディア/リアル媒体

アクティブシニアと接点を生むためには、Webよりマスメディア(新聞・雑誌・テレビ等)媒体を活用することをおすすめします。
スマホの普及から、シニア層のネットの利用率こそ増加していますが、60代以降の利用率は少なく、「利便性より見やすくて簡単な媒体を好む」傾向にあります。
Webマーケティング施策だけではなく、アクティブシニアの関心傾向に応じた的確な訴求方法を取り入れるべきです。

▼Web×紙媒体を活用したより詳しいアプローチ術についてはこちら▼

カタログ通販の特性を利用したアプローチ方法

弊社ハルメクでは、アクティブシニアにアプローチできる媒体として、「ナイスミセス」と「ミセスクラブ」という全国通販の発行するシニア女性向け通販カタログを用意しております。
アプローチ方法の特徴として「1度商品を購入したことがある人」を対象に送付するので、購買意欲が高い層のみにアプローチできます。
「商品同梱」メニューであれば、自身が購入した商品といっしょに届くので、開封率はほぼ100%と高い広告接触率を打ち出せます。

アクティブシニアに訴求できる、「ナイスミセス」「ミセスクラブ」に関する詳細なサービスメニューは、こちらで紹介しています。
媒体の詳細説明や、媒体資料のダウンロードなども行えますので、ぜひご覧ください。

▼アクティブシニアにダイレクト訴求。「ナイスミセス・ミセスクラブ」の広告メニューはこちら▼



また、下記の記事でもナイスミセス・ミセスクラブの詳細について解説しております。
よろしければ、こちらもご覧ください。

■関連記事:「通販広告主の70%がリピート出稿するアクティブシニア向け広告とは?」

関連記事

2020.05.21

シニアマーケティングの進め方とは?1から学ぶ成功ステップ!

2020.04.09

コロナ禍のシニア層行動変化に、広告宣伝はこう対応する!